読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいがのはなし

映画に対する感想を自由にまとめたものなのでネタバレを含むレビューがほとんどです。未見の方は注意してください!

サウスポー / "怒り"を抑え、爆発させろ!

f:id:StarSpangledMan:20160617130249j:image

非常に評価も高く、期待していた「サウスポー」。自分は「ロッキー」シリーズが大好きだ。そしてボクシング映画にハズレなしだと思っている。その考えに間違いはなかったのだが、アレレ、ちょっと想像してたハードルを下回ってしまったぞ、というのが率直な感想。本心を言えば、ベタに熱い映画を観に行ったら、あまりにベタ過ぎて(ホントにぜんぶ想定の範囲内のことが起こった)ので逆に冷めた。中盤以降はずっと頭の中で「クリード」との比較をして、さっぱり映画に入り込めず。なのでこんかいはかなりマイナスな態度で感想をまとめる。

 

"怒り"を武器にノーガードでパンチを浴びせ続けるファイティングスタイルのビリー•ホープ。心優しい妻と聡明な娘に恵まれ、幸せな生活を築いていたが、そのキレやすさが仇となり起こした騒動で妻を死なせてしまう。失意のうちにあれよあれよと転落。娘も離れ、すべてを失う。再起を誓った彼は、下町のトレーナーに頼み込み、猛特訓。努力を積み重ね、タイトルを奪い、娘も取り戻してハッピーエンド。問題だらけの主人公が、あまりに大きな代償を払うことで、自分を見つめ直し、成長していくサクセスストーリーだ。娘との親子関係や、トレーナーとの友情、絆など燃える要素はたくさんあった。

 

特に娘役の子役はとても演技がうまく、何度も泣かされそうになった。「ママの代わりにパパが死ねばよかったのに!」という悲痛な叫びは観ていて胸が苦しくなったし、ラストにリングに立つ父親の身を案じながら必死に応援、共に戦う彼女の姿はとてもいじらしく、可愛げがあった。

 

フォレストウィテカー演じるトレーナーも、彼のボクシング人生の厚みを感じさせる貫禄で、映画を深いものにしていた。親分肌の面倒見のよさはビリーを惹きつけ、彼を変えていく過程に説得力を与えていたし、ふたりの間で徐々に信頼関係と闘志が芽生えていく様は熱く、燃えた。

 

しかしながら結局のところ、ベタなB級ボクシングに止まってしまい、少々薄っぺらく感じてしまったのである。なによりビリーが挫折し、立ち直る過程がテンポよく進むので、あんまり落ちぶれた感じがしない。気持ちいいぐらいどん底に落ちていくので見ている分には楽しいけど、ぜんぶがアッサリしているから這い上がるときのカタルシスに爆発力がない。小爆発で終わる。特にクライマックスのファイナルラウンドまでもつれる試合も、ちょっと物足りない。「クリード」の例のファンファーレからのファイナルラウンドに突入する号泣必至の演出を体験してしまうと、どうしても「サウスポー」は煽りが弱い。「ロッキー」や「ロッキー4」で似たようなテーマを描いているが、この2作の感動を超えることはできなかった。ここは好みの問題もあるので、しょうがないかもしれない。

 

余談だが「クリード」は一般人の話である。それなりに恵まれ、不自由のない生活を送っている。それなのに、何かが足りない。生きている実感がない。多くの現代人が抱えている問題である。そこでアドニスは本当にやりたいこと、命を削ってボクシングに打ち込み、日常への不満、コンプレックス、父への愛情と憎しみをリングの上で爆発させた。「証明してやる。俺は"過ち"じゃない」のセリフにその全てが詰まっている。こういう普遍的だがモダンなテーマが「サウスポー」には見出せなかった。デートムービーとしては満足のいく出来だが、「クリード」のような娯楽性を超えた、生きることそのものに対する感動がない。「クリード」の前に観ていたらなあ…途中からほとんど「クリード」のレビューになってしまった。反省。